ツアーの予約時期の違い

旅行会社の店頭で販売しているようなパッケージツアーに申し込みをしようとする場合には、その時期についてもできるだけ配慮しておいたほうがよいといえます。

通常、こうしたツアーのなかでも、通年で開催されているようなものであれば、繁忙期と閑散期にわかれています。繁忙期というのは、文字通り忙しい時期であって、たとえばゴールデンウイーク、シルバーウイーク、夏休み期間などといった具合に、誰もが旅行に行きたがるシーズンがあてはまります。その反対として、閑散期というのは、繁忙期以外の、旅行の需要が細る時期ということになります。

こうした違いがあることから、繁忙期の申し込みは、場合によってはすでに予約が殺到していて、旅行会社に参加を断わられてしまったり、別の出発日に振り替えを提案されたりすることがあります。もしも繁忙期でなければ参加ができないというのであれば、できるだけ会社の休暇などの日程を見据えながら、早めに申し込みをしておくことがすすめられます。また、繁忙期の場合には、同じ目的地に行くようなツアーであったとしても、実は料金が閑散期などよりも高額に設定されていることが多いといえます。

これは旅行会社のスタッフそのものの手間ということもありますが、観光地のホテルや旅館などが軒並み高い料金となっているため、その都合によって、ツアーの料金のほうも高く跳ね上がってしまっていると考えてよいでしょう。閑散期であれば、逆に安価になっている場合がありますので、申し込みをするのであれば狙い目といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *