海外ツアーの事前準備

ツアーといってもその目的地が国内であれば気軽に参加ができるものですが、海外に向かうようなツアーであれば、いくつかあらかじめ注意をしておかなければならないことがあります。

まずは、海外の渡航にあたっては、現在有効なパスポートを取得していなければなりません。パスポートをもっていなかったり、すでに有効期間が切れている場合には、都道府県のパスポートセンターなどで申請をしなければなりませんが、その場合、証明用の顔写真や収入証紙、戸籍謄本などが必要となりますし、受け渡しなどの際にも運転免許証などの証明書類の提示を求められたり、役所から自宅に届いたはがきを持参するなどして居住していることを証明したりしなければなりません。

都道府県によっても違いがありますが、だいたい申請から交付までに1週間程度はかかるとされていますので、あまり悠長にかまえていては間に合わない可能性もあるのです。また、国によってはパスポートだけではなく、ビザを取得しておかなければならないこともあります。この場合、その国の在日大使館や領事館といったところでビザの申請をしなければなりませんので、パスポートの取得以上に手間がかかるものです。

もちろん、旅行会社を通じて手続きのいくつかを代行してもらうということも不可ではありませんが、いずれにしても、ツアーの直前になってあわてるのではなく、余裕をもって準備をしておかなければならないことに違いはありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *