東京大阪夜行バスと充電専用のコンセントの活用

東京大阪間を走る夜行バスに乗車をする際に、座席に充電可能なコンセント搭載のバスもあります。

一人が一代形態を持つ時代であり、スマートフォンやパソコンはもはや現代人の必需品です。距離がある東京大阪の夜行バスですから、充電可能なコンセントのある車両は助かります。電池切れを起こしては、電話やメールが使えなくなるので、利用者のニーズにもマッチしたサービスです。座席に座った際に左右のどこかにありますが、車輌により位置は異なるので、足もとにあったり座席下ということもあります。

ケーブルを持参する際には、長めのものがあると便利です。USBコンセントは人気が高まっていますが、USBケーブルをそのままつなぎますので、アダプターを必要とはしません。一般的なのはコンセント型であり、東京と大阪間の夜行バスでも、このタイプは最も多いです。見た目や形状もですが、オフィスや家庭と同じ電流になります。

バス内で乗客も使える電源ですが、バスの走行のために元々はあるものです。旅客へのサービスの一環として、エンジンの動力を利用しての電源であり、ある程度の配電をすることができます。一般的な電気のように外からの供給ではありませんので、使える出力には限りがあることも忘れてはいけません。利用をするのは携帯電話やスマートフォンなどの充電に留めて、高負荷な家電製品での使用はしないのもマナーです。またバス内で充電ができるとしても、アイロンやヘアドライヤーの使用もNGになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *