東京大阪夜行バス内での話声のマナーも守ること

子供でも保護者同伴であれば、東京大阪夜行バスへの乗車をすることはできます。

未成年の学生の場合ですが、お金のない年代だけに友人と人気テーマパークに出かける際には、できるだけ交通費を節約したいと考えるのは当然です。近くの遊園地などならすぐに移動もできますが、東京大阪間の移動の場合は時間と交通費がそれだけ掛かります。だからこそお得な移動手段となる夜行バスの出番であり、夜行バスは未成年の利用も可能です。

ですが未成年だけでの利用をするなら保護者に同意を受けること、親との約束は守るようにします。専用の同意書が東京大阪夜行バスにあるわけではないですが、親にきちんと話しておくことは必要です。長い休みも年間の内にはある学生ですから、テーマパークに友達と出かけることになれば、どうしてもはしゃいでしまいます。

大好きな友人同士なのでバスの中でも、エンドレスでお喋りをしたくなりますが、話し声で周囲に迷惑をかけてはいけません。話が盛り上がるのは仕方なないものの、集団になればなるほど特に声が大きくなりがちです。大人のお客さんたちもたくさん乗車をしていますし、夜の移動はほとんどの人が睡眠時間にあてています。若さあふれる未成年たちの乗車であっても、お友達同士でのお話は消灯前には終わらせて、現地へ到着をしてバスを降りたら思いきり喋ることです。東京大阪夜行バスの中では寝ている人がほとんどなので、未成年といえども話す声のマナーも守らないといけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *