東京大阪夜行バスでの女性のメイクと肌状態

メイクをしたまま眠ると1年分肌が老け込むと言われるほどですから、東京大阪夜行バスでもノーメイクの女子は少なくありません。

社会人になればメイクもマナーの内といわれても、夜の時間にファンデーションやアイメイクを乗せたままでは、肌への負担が大きくなるばかりです。

短時間のバス移動ではなく東京大阪夜行バスは長距離ですから、あらかじめメイクは落としてから乗車をしますが、すっぴんに抵抗がある女子も少なくはありません。その場合はマスクをして顔の半分はカバーして乗るとか、メイクをしたままでも肌に負担にならない、天然成分のパウダーを使うなど工夫をすることです。いつも通りのフルメイクをして東京大阪夜行バスに乗車をすると、翌朝にはすでにメイクは落ち始めていますし、一晩油分を乗せた肌は良い状態とは言えません。

翌朝現地へ到着をして、すぐに観光に出かけたりするなら、なおのこと一晩ファンデーションを乗せた肌では、肌がイキイキすることはできないです。お化粧をしたままバスに乗車をするなら、バスの中でクレンジングシートなどを使うメイクを落として、化粧水や乳液で肌を整えるようにします。もしくは次のサービスエリアで、トイレでメイクを落とすなどしたほうが肌のためです。翌朝到着前に立ち寄るサービスエリアのトイレで、その日のメイクを施したり、到着後にお化粧をすることもできます。肌の状態はその日の女子の心のコンディションにも直結をするので、夜行バス乗車時のメイクやスキンケアにも気を付けることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *