ビジネス利用が急増!東京大阪の豪華夜行バス

東京と大阪を結ぶ夜行バスのなかでも高級路線の需要が伸びています。

かつて夜行バスといえば格安を売りにしていましたが、徐々に高級路線へサービスを拡大してきました。そうしたところ、ビジネス利用が急増し、バス会社の狙いは見事当たったのです。普通の格安のバスは座席が4列と狭く、社内でゆったりと寛ぐことはできません、安さで勝負をしているので、安さ目当てに乗る人がほとんどです。それに対して、高級路線の夜行バスは座席数も12席と少なく、半個室になっています。座席は質の良いものを採用していて、自由にリクライニングを利用することが出来るのです。バス会社がターゲットにしている客層は、ずばりビジネスマンです。

東京大阪間を走る夜行バスは、新幹線の最終便が終わった後に出発するため、新幹線を逃してしまったビジネスマンにピッタリの時間帯に発車する用になっています。それでいて翌朝には目的地である大阪、または、東京に到着することが出来るため、ホテルの宿泊代を浮かせることが出来るのです。高級路線の夜行バスの価格帯は、ビジネスホテルに新幹線代をプラスした料金も安いのが何よりも魅力です。

それでいて室内ではゆっくりと寛ぐことが出来るので、ホテルで休むよりも安く、そして早く目的地に到着することが出来るという点で勝負に出ています。その狙いが当たり、今ではビジネスマンの利用者が急増しています。東京大阪間は満席になることも多いのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *