水漏れ修理を解決します

頼れる水のスペシャリスト

雨漏りの修理で注意すること

time 2021/01/24

雨漏りの修理で注意すること

雨漏りはなかなか経験することではないため、どのような修理をするのか、どのくらいの費用がかかるのかわからないため、不安に思っている人も多いかもしれません。雨漏りの修理は、雨漏りをとめるために行う修繕ですから、どこから雨が浸入しているのかを調べることが大事です。屋根の棟板金の隙間というのは、強い風によってできるため、台風などの強風によって隙間ができることがあります。また、外壁のひび割れなどは、地震などの振動によっても発生することがありますから、定期的に確認する事が大事です。

雨漏りの原因の多くは、経年劣化によって塗装が剥がれたり、それぞれの機能を果たせなくなってしまい、雨漏りが発生することもあります。雨漏りの修理でもっとも多い箇所としては、屋根の破損部分で、台風や大雨の後にスレートのヒビ割れや瓦の割れ、ずれなどから雨水が浸入して雨漏りを起こすことが少なくありません。次ぐに多い箇所が、ベランダの床と外壁の接続部分です。この部分は、屋根職人が行う施工ではないため、雨水に関しての知識が未熟な場合があり、雨漏りが多い部分となっています。

また、天窓や窓枠のコーキング部分からの雨漏りも多い箇所をなります。コーキングというのは消耗品ですから、10年程度でひび割れを起こしたり剥がれてしまいますから、メンテナンスが必要となります。メンテナンスを行わずに放置していると、そこから徐々に雨水が浸入してしまいます。雨漏りの修理は、かならず専門の業者に依頼し、適切な修理を行わないと、再発してしまいますから、十分注意しましょう。

down

コメントする