水漏れ修理を解決します

頼れる水のスペシャリスト

実家の雨漏り工事によって問題意識を持った体験談

time 2021/02/21

実家の雨漏り工事によって問題意識を持った体験談

私が両親と同居している実家は築年数がとても長く、建材の劣化が生じていたので建物の所々に損傷があるのが気がかりでした。特に屋根の部分は家を建ててから一度も修理を行ったことが無く、状態の確認もしていないことから早急な点検が必要でしたが、今まで生活に直結するトラブルが無かったことを理由に両親は屋根の点検を放置していました。そのため、台風に伴う大雨に見舞われた際に雨漏りが発生してしまい、部屋の中が水浸しになりました。当初は窓を開けっぱなしにしていたと誤解していましたが、天井に雨水が原因の黒いシミが出来ていたことから両親もようやく雨漏りであることを認め、市内にある内装業者に修理をお願いしました。

業者による点検の結果、天井裏の建材が長年の降雨で腐食していたことがわかりました。また、屋根に張ってあるトタンのサビも広範囲に生じていたことから、修理作業は傷んだ建材を取り換える大掛かりなものになりました。また、壁のひびから雨水が入り込む可能性があったので、建材の交換と併せて壁の塗り直しも行い、建物の防水性を向上させることになりました。塗装作業によって古い家が綺麗な見た目になったことを両親は喜んでいましたが、建物の老朽化を放置していたために雨漏りが発生したことを業者に注意されました。

現在では適切な修理の効果によって室内が雨水で濡れる心配をせずに生活していますが、不具合の再発を防ぐ目的で定期的に建物の検査を専門業者にお願いしています。

down

コメントする