水漏れ修理を解決します

頼れる水のスペシャリスト

雨漏り修理のさまざまなパターン

time 2021/03/18

雨漏り修理のさまざまなパターン

雨漏りは発生している場合は、速やかに雨漏り修理をする必要があります。ただ、雨漏り修理といっても、やり方は1つだけでなくさまざまな修理方法があります。天井から雨漏りが発生した場合、基本的には屋根の上に登ってパーツの交換をする必要があります。屋根瓦であれば、屋根瓦を一旦はがし、新しいものに変えなければなりません。

漆喰までダメージを受けている場合は、屋根全体の漆喰を取り替える必要があります。一部分だけ交換しても外となじまないからです。スレートの場合も同じように、ずれている場合は直して、防水シートを貫通している場合はそこの部分の防水シートを修復することで雨漏り修理が完成します。雨漏りは何も天井だけから起こるわけではありません。

雨漏りが起こり得るのは、天井以外にも壁から染み込んで雨が内側に入り込むことがあります。壁を見るとシミができている場合などは典型的な雨漏りと言えるでしょう。この場合は、外壁に問題が生じていることが考えられます。外壁にも様々な種類がありますが、最近の住宅であればサイディングを用いている住宅が増えています。

サイディングを交換する場合は、サイディングにひび割れが発生している場合です。サイディングを見ても問題がない場合は、サイディングそのものではなく、コーキングが劣化している恐れがあります。コーキングとは、サイディングとサイディングの間をつなぐ柔らかい素材です。コーキングが劣化している場合には、コーキングをやり直す必要があるでしょう。

基本的に、劣化のしやすさから言えば、サイディングよりコーキングの方が早く劣化します。

down

コメントする