iPhoneXはmicroSDスロットが無く、内蔵ストレージで保存するのが基本ですが、オンラインストレージと呼ばれるオンラインサービスを活用する事によって、データのバックアップが行い易くなります。


iPhoneXで使えるオンラインストレージは、パソコンで使われている主な物と同様の物を利用出来ますので、遠隔でiPhoneXとパソコンの間でデータの受け渡しを行うといった事も可能です。



オンラインストレージの中には、Web公開機能という物があり、これを使う事によって、WebサーバでWebサイトを公開するのと同じ事が出来るようになります。



Webサーバを用意せずにサイトを公開出来ますので、使い方によっては便利です。

オンラインストレージは、サービスによってデータ転送速度が異なっています。転送速度の速いサービスを使えば、ファイルのアップロードやダウンロードが速くなり、ネット回線の状況によりますが、ローカルストレージの感覚で使っていく事も可能になってきます。

iPhoneXは、高速な回線を使う事が可能であり、Wi-Fiで自宅の無線ルーターにアクセスして光回線を使う事も可能ですので、オンラインストレージを最大限に活用していく事が出来るようになります。

オンラインストレージに保存してデータはインターネット接続が出来る端末であれば、いつでもアクセスする事が出来ますので、データの保存先として優れています。

パソコンとiPhoneXでデータ共有をするサービスとして導入をしていくと良いでしょう。

若い主婦にとって、iPhoneXは大事なコミュニケーションアイテムです。


家族や両親との連絡手段に使える点、身近なママ友とSNSやメッセンジャーアプリで情報出来る点などが評価されています。
多忙な家事を間を縫って、気軽に色々な人々とコミュニケーションが取れますので、以前のように長電話で時間を無駄にする恐れが無くなりました。また無料のメッセンジャーアプリやSNSを使えば電話代が掛かりません。メッセージをたくさん交換してもコストが掛からず家計的にも大変お得です。

iPhoneXにはディフォルトの状態から便利なコミュニケーション系アプリがインストールされていて、開封直後から使えます。

また友達が薦めてくれる話題のメッセンジャーアプリも専用のストアからダウンロード出来ます。それもまた無料ですから、お金を掛ける事なく、手持ちのiPhoneXがより便利な端末に進化させられます。



無料通話アプリ等もインストールしておけば、離れて暮らす両親や友達と定期的に会話出来ますので、身近な出来事や気になる話題を毎日喋られます。

メールや一般的な通話機能に加えて、iPhoneXは専用のコミュニケーション系アプリが入れられるのが最大の強みです。実際にママ友に間では、回覧板で交換していた情報がデジタル化され、メッセンジャーアプリやSNSで配信されています。


そういった地域の身近な情報をいち早く耳にするためには、ガラケーよりもiPhoneXなのです。