iPhoneX純正イヤホンは実は多機能だと知っている人は少ないかもしれません。

操作を覚えておけば、外出時んいちいちポケットからiPhoneXを出さなくてもたくさんの操作ができます。
まず、知っておくことはこのイヤホンには三つのボタンがついています。
これをきちんと使用することでiPhoneXが飛躍的に使いやすく便利になります。


このプラスマイナスボタンは音量のみではないので、今後使用頻度があがります。また、ケーブル途中にはマイク付きリモコンも備わっています。使いやすいものが言えば、通話のコントロールです。



イヤホンを接続している際に電話の着信があった場合、イヤホンを利用して電話に出たり切ったりすることが可能です。着信拒否は長押しするだけではなくて、長押しして離した時に音がなります。これが合図となっているので大変わかりやすいです。


また、カメラ撮影も可能になっていて、本体のボタンを押す必要がないので、手ブレ防止に役立ちます。



イヤホンのプラスマイナスボタンのどちらかを押すことでシャッターを切れますので、確実に綺麗な写真を撮ることができます。
面白いもので言えば、センターボタンを長押しすることでSiriを呼び出すことができ、イヤホン経由でそのままSiriとハンズフリーで話すことができますので、運転している時などはかなり使えます。このようにイヤホン一つとってもたくさんの機能があることが特徴的です。

他にはないイヤホンを自分なりに使いこなしてみてもください。iPhoneXは故障したと感じるときには、通常保証が無料で付いていますので、1年以内の対象となっている故障であれば無料で修理してもらうことができます。
一般的な電化製品と同様にiPhoneXにはメーカーの補償が付けられていますので、交換修理をしてもらえます。

業者への直接的な依頼となりますので、キャリアのiPhoneXであっても修理を依頼することが可能です。


修理に関してはiPhoneXの本体だけに限らず、ケーブルやイヤホンなどのアクセサリー類や充電器などであっても保証が受けられる対象に含まれています。

iPhoneXの修理では公式ではない業者も存在しており、非公式の業者のほうが安い価格で修理をしてもらえるメリットがあります。


保証の対象外の故障の場合には有料での修理を受けなければなりませんので、正規店以外の業者を利用したいと考える人も多いでしょう。



購入してから1年以内であれば保証の対象内に含まれる可能性があるために、できる限り正規店の修理を受けることがおすすめとなります。
ただし、保証が受けられないときには非公式の業者に依頼することもおすすめです。

スマートフォンの修理では、費用を支払えば必ず直してもらえると決まっているわけではありません。

故障のときには基板そのものが破損しているときには、修理は難しいと考えられています。

また、メインのパーツが欠損した場合も修理が難しいと言われており、全損や水没のときには修理を依頼するよりも交換修理や買い替えを行ったほうが安く済ませることができる場合も多いです。